長距離の引越しの場合に、お勧めの業者やプランをチェック!

長距離の引っ越しを安くしたいときにはどんな業者がおすすめでしょうか。

 

業者を選ぶときに考えなければいけないのは、安さを規準で選んではいけないという事です。

 

引っ越しをする距離が長くなればなるほど荷物のトラブルが起きる可能性があります。
(運送方法によっては、積み替えが多くなるなど荷物の紛失や破損の危険性は上がります。混載便やコンテナ便など)

 

きちんと荷物が無くならないように輸送し、壊れずに新居に届けるには経験のある業者でなければなりません。

 

では、経験豊富で安く長距離の引っ越しをしてくれるのはどのような業者なのか代表的な会社とプランを記載します。

 

 

アーク引越センターは長距離プランを持っていますが、単身者で荷物が少ない人用のミニ引っ越し長距離プランを設けています。

 

このプランは料金が安い分他の人とコンテナをシェアするために日数がかかります。

 

荷物が少なく引っ越しの日程に余裕がある条件を満たした人にはおすすめのプランです。

 

 

引っ越しのプロロは直行便と超速1DAY便というユニークなプランを持っています。

 

直行便は通常のトラックを貸し切って行う引っ越しですが、超速1DAY便は急いでいる人を対象にしたものです。

 

航空便などを合わせて最速で新居に届けてくれます。

 

急ぎの引っ越しに航空便は欠かせませんが、飛行機を使う分料金は高めになります。

 

しかし、引っ越しのプロロは長距離を得意とする業者のため、他社よりも安めの価格を引き出せることがあるので事前に確認してみましょう。

 

 

 

アリさんマークの引越社は長距離エコ便というものがあります。

 

トラックに加えて格安で引越が出来るコンテナ便を使うものです。

 

家からの搬出と新居への搬入の際はトラックを使いますが、それ以外の長距離移動の部分を鉄道コンテナで輸送するので料金が安くなります。

 

 

さらに料金の安い長距離エコリーズナブルパックがありますが、これはコンテナに直接荷物を運び、新居で積み下ろすプランです。

 

荷物の量がある程度ないとお得にならないので、見積もりの時にきちんと確認して欲しいと思います。

 

 

 

日通の単身パックXも長距離の引っ越し専用プランとなり、通常の単身パックより3倍の(自転車やベッド、ソファーなども入る)荷物量を輸送する事が可能です。(ご家族でも荷物が少なければ十分なサイズです。)

 

こちらも、輸送用コンテナに荷物を積み込んだ後に鉄道輸送となり、料金は明確な定額料金で、時間も正確です。

 

 

それぞれの業者には、格安プランだけでなく荷物量によって色々な運送方法があるので、利用前には複数の見積もりを行うようにして下さい。

 

長距離の引越しが安いところを探すにはこちら

関連ページ

タクシーを使って引越し
引越し料金を安くするためにタクシーを利用してみようと思う方も少なくありません。こちらのページでは、タクシーを使って引越しは可能なのか、またメリットやデメリット、注意点などを記載しています。