タクシー会社の了解さえ得られれば安く済ます事も可能

近距離の引っ越しの場合は少量の荷物であればタクシーを使って引っ越すことが可能です。

 

ただし、引越し荷物を運ぶ場合には必ずタクシー業者の了解を事前に得る必要があります。

 

 

了解を得られた場合であれば、料金は近所なら千円以内ですし、少し離れても数千円で引っ越しが済んでしまうのでかなり便利です。

 

 

メーターを回しておけば、往復も喜ばれ、荷物の積み下ろしも問題ありません。

 

たとえ、移動が30kmくらいの距離であっても引っ越し業者の単身パックよりも料金が数千円安くなることがあります。

 

もちろんタクシーに入る荷物の量は限られていますので、一概に比べることは出来ませんが、ダンボールが数箱だけあったり、小さめの家電だけなど荷物が少なければタクシーの方が安く上がるケースがあります。

 

 

 

また当然のことながら、時間帯に関しても自由度が高く、24時間体制で、いつでも都合の良いときにタクシーを呼べます。

 

夜間の場合は、深夜料金が適用されて割高になってしまいますが時間帯を気にしないで良い点はメリットが大きいです。

 

 

予想外に荷造りに時間がかかり、引越し日当日の積み込み予定の時間までに終わらないケースだと追加料金が発生してしまう場合もあります。(引越し業者は1日に2,3件は予定が詰まっています。)

 

その点、タクシーなら荷造りが終わった時点で呼んだら良いので安心です。

 

 

最後に、唯一のデメリットとしては荷物が破損したり紛失しても補償が無いという事です。
すべて自己責任で引っ越しをしなければなりません。

 

引っ越し業者の場合は破損や紛失といったトラブルの時には、無くなったものの金額が補償されたり時価相当額が支払われたりします。

 

しかし、タクシーを使った場合はすべて自己負担になるということを覚えておきたいと思います。
(タクシーは人間を運ぶ事が目的で、物を運ぶ事を前提としてはいません。)

 

 

これらのメリットとデメリットを比べながら自分のケースでタクシーでの引っ越しが可能かどうか考えてみてくださいね。

 

現在では、タクシー業界のサービスも多様化しているので、視野に入れつつ引越し業者の料金と比較して利用を検討してみましょう。

 

とりあえず、引越し業者で安いところを探すにはこちらから

関連ページ

長距離が安い業者はどこ?
長距離の引越しの場合、値段が高くつきますが、ただ安さだけで決めてしまうと、輸送方法によっては荷物のトラブルが起きる可能性が上がってしまいます。そこで、こちらのページではお勧めのプランがある業者と内容を掲載してありますので一度チェックしてください。