引越しを安くする運搬方法にはどんなのがあるの?記事一覧

引越しで利用される混載便は同じ県外へ向かう荷物を、一旦同じ場所に集め、一定量集まったら、トラックでまとめて輸送するという方法です。この方法は荷物を運搬する皆で費用を出し合う事から割り勘便とも呼びます。業者も荷物を一気に効率よく運べるため、作業にかかる人件費、燃料代のコスト削減が出来るため安く出来る仕組みになっています。長距離の引越しは移動距離の長さで料金が加算(10km伸びるごとに約1000円増加...

引越しを安くするには、運べない家具や大きな家電だけを業者に運んでもらい、その他のかんたんな荷物だけを自力で運ぶ方法もあります。引越し料金は、荷物一つ当たりに点数を付けていきその合計でトラックのサイズが決定されます。その点数を限定すれば、料金の安い小さなトラックで運ぶ事が出来るようになります。代表的な方法として、トラックの積みきり便があります。これはトラックのサイズを限定して、大きな家具や家電から順...

フリー便は『時間帯を指定せず』に業者が空いた時間で引越しをするという方法です。厳密には、朝一便が終わり、次に午後便が終わったその後に作業に取り掛かります。業者は、1日に2件3件と引越しを請け負いますが、時刻通りに開始できる午前便が人気があるため最も高くなってしまい、午後便からは朝一が終わってからの作業になるため予定時刻もつかみにくいデメリットがあります。お客様側では時間の融通が効かせにくい(予定を...

鉄道コンテナ便は、その名の通り、JR鉄道のコンテナに荷物を積み輸送する方法です。こちらは、ご利用できる業者に限りがありますが大手では日通やアリさんマークなどで採用しています。この方法は長距離に強く、距離が延びれば延びるほどお得になる方法ですが、近距離の引越しではご利用できません。移動距離が500km以上の場合は候補に入れてみましょう(東京⇒大阪間500km)安くなる理由は、トラック一台を長距離輸送...

帰り便を使えば、通常の引っ越しよりも荷物を安く送ることは可能です。どうして安くなるかというと業者が荷物を下ろして空になったトラックに、荷物を積んで出発地に戻ってこれるからです。一般的に長距離の引っ越しをする業者は到着地について荷下ろしをした後、空の状態で出発地に戻ります。そのためのガソリン費などの費用は一件目の引っ越しの見積もりの中に含まれているのです。しかし、たまたまその到着地に、出発地へ引っ越...