時間を指定しない事で、引越し料金が安くなるフリー便

フリー便は『時間帯を指定せず』に業者が空いた時間で引越しをするという方法です。

 

 

厳密には、朝一便が終わり、次に午後便が終わったその後に作業に取り掛かります。

 

 

業者は、1日に2件3件と引越しを請け負いますが、時刻通りに開始できる午前便が人気があるため最も高くなってしまい、午後便からは朝一が終わってからの作業になるため予定時刻もつかみにくいデメリットがあります。

 

 

お客様側では時間の融通が効かせにくい(予定を立てづらい)ため、安くなるといった理由になります。

 

 

(時間的に優遇される午前便のお客様が、その日一日分の人件費の支払いをお願いしているといった点も業界ではあります。)

 

 

 

作業が開始される予定時刻は前日、または2日前に業者より連絡が入ります。

 

 

 

フリー便のデメリットは夜遅く(夕方以降)に搬出が開始されたり、荷物の搬入が翌日になってしまう事もある点です。

 

 

また、引越し先が賃貸物件の場合では、他の方の生活もあり、大家さんから夜遅くの作業をお断りされる事もあるので、事前に確認を行う事が必要です。

 

 

時間帯が難しければ、フリー便より午後便を選択する方法でも安くなるので候補に入れてみましょう。

 

 

また、時間帯では無く、業者の暇な日に予約する方法もあります。

 

 

繁忙期(3月15日〜4月10日頃まで)は、平日でも学生の引越しで埋まってしまう為、難しいですが、それ以外の時期であれば、空いている日が多くあります。

 

業者側に引越し日を合わせただけで定価より半額まで下がる事もあるので、念のため見積もり時に確認を行って下さい。

関連ページ

混載便
同じ目的地に向かう荷物を一緒に運ぶ事で経費が削減でき、その分を利用者に還元するという混載便ですが、デメリットにはどういったものがあるのでしょう?対象者や採用している業者はどこ?などについて記載しています。
積み切り便
近場の引越しであれば、運べない大型荷物だけを業者に依頼して安くする方法もあります。こちらでは積み切り便についてのメリットデメリットを掲載します。
鉄道コンテナ便
長距離の引越しを安くする事も可能なのが、鉄道コンテナ便です。輸送費や人件費の削減で費用が節約できるので、こういった輸送方法を採用している業者の見積もりを取る事も推奨します。
帰り便
引越し料金を安くする方法に帰り便で荷物を送るという方法があります。長距離になる大都市間の引っ越しや、大型家具を送る場合には重宝するプランです。ここでは、どんな方法なのか、またデメリットなど向き・不向きについて記載します。