鉄道コンテナ便を利用するとどうして安くなるの?

鉄道コンテナ便は、その名の通り、JR鉄道のコンテナに荷物を積み輸送する方法です。

 

こちらは、ご利用できる業者に限りがありますが大手では日通やアリさんマークなどで採用しています。

 

この方法は長距離に強く、距離が延びれば延びるほどお得になる方法ですが、近距離の引越しではご利用できません。
移動距離が500km以上の場合は候補に入れてみましょう(東京⇒大阪間500km)

 

 

安くなる理由は、トラック一台を長距離輸送するより、鉄道で大量の荷物を一気に運んだ方が燃料代の節約となる為です。(混載便と同様です)

 

 

鉄道ではトラック運搬のような渋滞もなく、時間通りに引越し作業を進められるのもお勧めポイントです。

 

 

また、コンテナを一時預かり倉庫としてご利用も可能なので、集荷時期をずらしたい方にも便利です。

 

 

運搬は、引越し当日にトラックがご自宅まで来て、積み込み、JR駅にてコンテナに全ての荷物を詰め変えます。

 

 

目的地に到着後はまた同様にトラックに積み、新居先に搬入を行います。

 

 

ただし、業者によってコンテナをそのまま大型トラックに積み直接積み込む場合もあるため、立地条件によっては車が通れない、駐車できないケースもあるため、事前に確認を行って下さい。

 

 

 

注意点は荷物の積み替えが通常の引越しより多い(3回)ため、故障の原因や紛失のリスクが高まる点です。

 

 

搬入時には、必ず当日に家電の動作確認と段ボール数のチェックを忘れずに行って下さい。

 

 

また、依頼した業者の営業所が引越し先に無い場合は、荷物の搬入が下請け業者に変更される場合があります。

関連ページ

混載便
同じ目的地に向かう荷物を一緒に運ぶ事で経費が削減でき、その分を利用者に還元するという混載便ですが、デメリットにはどういったものがあるのでしょう?対象者や採用している業者はどこ?などについて記載しています。
積み切り便
近場の引越しであれば、運べない大型荷物だけを業者に依頼して安くする方法もあります。こちらでは積み切り便についてのメリットデメリットを掲載します。
フリー便
時間帯を指定しない事で、業者も空いた時間に作業が行えその分をご利用者に還元するフリー便。メリットデメリットを確認してから、利用の検討を行いましょう。
帰り便
引越し料金を安くする方法に帰り便で荷物を送るという方法があります。長距離になる大都市間の引っ越しや、大型家具を送る場合には重宝するプランです。ここでは、どんな方法なのか、またデメリットなど向き・不向きについて記載します。