距離が近いから、運べない荷物だけを運んでもらう場合に?

引越しを安くするには、運べない家具や大きな家電だけを業者に運んでもらい、その他のかんたんな荷物だけを自力で運ぶ方法もあります。

 

引越し料金は、荷物一つ当たりに点数を付けていきその合計でトラックのサイズが決定されます。

 

その点数を限定すれば、料金の安い小さなトラックで運ぶ事が出来るようになります。

 

代表的な方法として、トラックの積みきり便があります。

 

 

これはトラックのサイズを限定して、大きな家具や家電から順に詰めるだけ積んで行ってもらう方法です。

 

 

積んだ後、トラックにスペースがあれば、他に残った細かい荷物を荷台に最大限まで積み込む事も可能です。

 

 

仮に全ての荷物を含めると4tクラスのトラックが必要になるが、大型荷物だけなら2tで行けるケースもあります。

 

業者で保有しているトラックのサイズはマチマチですが、小さければ安くなる点は共通です。

 

 

ただし、積み切れなかったが、どうしても業者に運んでもらいたい場合は、往復便や後日配送となり追加料金になってしまう点は注意して下さい。

 

 

こちら側で、荷物の量を見てトラックのサイズを指定するのは、現実的に不可なので、見積もり前に運搬してもらう荷物をしっかりと絞り込んでおき、業者側に確認をして下さい。

 

 

また、自宅見積もりは、トラブルなく引越すためにも、料金を安くするためにも必須なので確実に行うようにして下さい。

 

荷物のチェックをしにご自宅まで来てくれる業者が信頼のできる会社となります。

 

 

また似たような方法として、積み切り便ではなく、家具だけプランを採用している業者も増えてきているため候補に入れてみてください。

 

 

 

 

関連ページ

混載便
同じ目的地に向かう荷物を一緒に運ぶ事で経費が削減でき、その分を利用者に還元するという混載便ですが、デメリットにはどういったものがあるのでしょう?対象者や採用している業者はどこ?などについて記載しています。
フリー便
時間帯を指定しない事で、業者も空いた時間に作業が行えその分をご利用者に還元するフリー便。メリットデメリットを確認してから、利用の検討を行いましょう。
鉄道コンテナ便
長距離の引越しを安くする事も可能なのが、鉄道コンテナ便です。輸送費や人件費の削減で費用が節約できるので、こういった輸送方法を採用している業者の見積もりを取る事も推奨します。
帰り便
引越し料金を安くする方法に帰り便で荷物を送るという方法があります。長距離になる大都市間の引っ越しや、大型家具を送る場合には重宝するプランです。ここでは、どんな方法なのか、またデメリットなど向き・不向きについて記載します。