荷物量やサイズによって他にお得なプランがないかしっかり比較!

宅急便を利用して引っ越し荷物を送りたい場合には、ヤマトや佐川などの大手の宅急便を利用する事になりますが、どの方法がお得になるのかは荷物量や大きさによってケースバイケースバイです。

 

 

もし、段ボールが10箱も20箱も送るぐらい荷物が多い場合は、単身パックを利用した方が良いです。

 

また、段ボールは少量だけど、他に大型家具や家電がある場合は、家財用の宅急便と併用するのがお勧めです。

 

結局、どのプランがお勧めなのかこの点について記載して行きます。

 

 

 

 

まず最初に、宅急便の場合には、距離と、大きさ、重さから料金が変わります。

 

大きさとは、段ボールの高さと幅、奥行きによって決まり、その合計がサイズになります。

 

一箱あたりのサイズは最小で60サイズ、最大で160サイズになり、重量は最大25kgまでとなっています。

 

 

料金は、同一都道府県での輸送の場合、一箱あたり160サイズで1800円程度となります。

 

 

10箱も送るとなると、費用は20000円弱かかるため、この場合は単身パックを利用した方がお得になるケースがあります。

 

 

また、宅急便は即日の回収も可能で、日時指定も出来ますが、段ボールに入る荷物だけしか運べない点に注意して下さい。

 

 

 

次に、もし、段ボールに梱包出来ない大きな家具や家電類がある場合は、クロネコヤマトのらくらく家財宅急便佐川の単品プランを併用する方法もお勧めです。

 

 

このプランの料金を、ヤマトの場合で見てみると、高さ165cm+幅80cm+奥行40cm=285cmになる大型家具を東京から大阪に運んだ場合に、一つの荷物で相場として一万円くらいですね。

 

これはらくらく家財宅急便を利用した場合です。

 

 

その他の料金例を挙げると、東京から札幌まで布団、カーペット、洗濯機を送ると相場で一万円と少しになります。

 

また同じ条件で冷蔵庫、簡易ベッド、本棚、自転車を送るとおおよその相場で二万五千円くらいになりますね。

 

あくまでも家具が単品の場合であれば安くなりますが、3点4点と複数ある場合は、引越し業者にまとめて輸送してもらった方が安くなるケースがあります。

 

 

 

三点目のダンボールや小さい家電類だけであれば、単身パックを利用する事を考えた方がお得になります。

 

 

例えば、ヤマトの単身引っ越しの場合は、1.04m×1.04m×1.70m=1.83m3に対応しているボックスで、入る荷物量は、ダンボール10箱、衣装ケース3個、布団、冷蔵庫、洗濯機、テレビなどの少ない荷物だけで格安で引っ越しが出来てしまうのです。

 

料金の相場としては、関東エリアで同一市内であれば、12000円くらいに抑えられるため、宅急便で送るよりも安くなります。

 

 

他にもアリさんマークの引っ越し社では、段ボール10箱だけに対応しているプランもあります。

 

単身パックは思いのほか、たっぷり荷物が入りますが、荷物の形状によっては入りきらないものもあるので、事前に確認が必要です。

 

 

 

小物類以外であれば梱包も不要ですし、約束時間サービスを利用すれば時間指定も出来ます。

 

その他、ウェブでの割引、平日割引も適応されるので、それらをうまく併せてみると格安で引っ越しが出来ることになりますね。

 

 

宅急便が一番安いと決めつけずに、色々な業者のプランを比較する事が大切です。

 

 

荷物のサイズや重量によっては、他のサービスを併用した方がお得になるケースもありますから、安い業者を探すには下記のページを一度参照してみて下さい。

 

引越しが一番安いところはどこ?

 

関連ページ

不要品の処分方法一覧
引越しが決まったらまず第一にやる事が不要品を処分する事です。その処分方法にはどのようなやり方があるのか、費用はいくらかかるのかを記載しています。必要のなり荷物を運ばない事が引越し料金を安くするためのもっとも大事なポイントになります。
自宅見積もりと交渉ポイント
引越し初心者だと敬遠したくなる自宅見積もり。しかし、慣れている方の場合だと積極的にやっています。その理由はどうして?引越し料金が安くなるから、またトラブルを防ぐため。自宅見積もりの重要性と見積もり時の交渉方法を簡単に説明しています。
安い時期っていつ?
引越しにもオンシーズンとオフシーズンがあり、時期により値段が2倍、3倍と違ってきます。そこで、何月が安い?また月末や月初で変わる?曜日や六曜は関係あるの?などを細かく記載しています。引越し月の変更は無理でも、曜日や日にちの変更で安くなるのなら検討する価値あり。