不要品の処分方法一覧

 

不要品の処分は、引越し料金に直結するので、一番時間をかけても良いぐらい重要です。

 

ここでは、その方法を一覧として紹介して行きます。

 

不要品の処分方法にはいくつかの方法があります。

 

  • 粗大ゴミとして自治体にお願いして処分してもらう方法や、
  • 不用品回収業者に依頼する方法
  • 引っ越し業者が不用品を回収してくれることもあります。

 

自治体に依頼して粗大ゴミとして処分するときには、市役所などに依頼をしてから市が指定するチケットを購入し、指定の日時に収集場所まで不要品を持って行く必要があります。

 

その時に市に回収に来てもらうのでは無く、自分でゴミ処理場まで不要品を持って行くと格安で処分することが出来ますので覚えておきましょう。

 

一般的には500円から3000円が粗大ゴミの相場となっています。

 

 

 

民間の不用品回収業者にお願いする方法もありますが、自治体に処分してもらうよりも割高になります。

 

ほとんどのケースで見積もりは無料となっていますが、出張費を請求してくる業者もあるので気をつけましょう。

 

不用品の回収費用はテレビなどなら4000円前後ですし、冷蔵庫なら7000円前後になります。
ソファやテーブルなどは4000円前後となります。

 

不用品回収業者にお願いするメリットは家まで取りに来てくれるので、自分で粗大ゴミのように運ばなくても良いという点です。

 

 

 

引っ越し業者に当日、不要品を持って行ってもらうという方法もあります。

 

この方法のメリットは、不用品回収業者のように見積もり手数料や出張費を請求されないところです。
しかも業者が重い不要品などもすべて持って行ってくれます。

 

回収費用も自治体による粗大ゴミ回収と不用品回収業者との中間くらいの料金となっています。

 

例えば、テレビや洗濯機は2000円から3000円ほど、小さな家電などは無料で回収してくれる業者もあります。

 

見積もりで営業担当者が来たときに、不用品の回収について確認するのがおすすめです。

 

回収費用に加えてリサイクル代などを教えてくれますし、どこまで無料で回収できるかなども細かく教えてくれます。

 

ですので、見積もりを取る前には、どの不要品を処分するのか、また持って行くのかを決めておかなければいけません。

 

自治体での回収と引っ越し業者の回収費用を比べてみると格安の処分方法を決められるでしょう。

関連ページ

自宅見積もりと交渉ポイント
引越し初心者だと敬遠したくなる自宅見積もり。しかし、慣れている方の場合だと積極的にやっています。その理由はどうして?引越し料金が安くなるから、またトラブルを防ぐため。自宅見積もりの重要性と見積もり時の交渉方法を簡単に説明しています。
安い時期っていつ?
引越しにもオンシーズンとオフシーズンがあり、時期により値段が2倍、3倍と違ってきます。そこで、何月が安い?また月末や月初で変わる?曜日や六曜は関係あるの?などを細かく記載しています。引越し月の変更は無理でも、曜日や日にちの変更で安くなるのなら検討する価値あり。
宅急便
宅急便を使って引っ越し荷物を送る場合、荷物量やサイズによってはお得になるケースもありますし、逆に高く付いてしまうケースもあります。どんな荷物には、どういったプランの組み合わせがお得になるのか詳しく説明して行きます。