安くなる時期とは、業者が暇になる時期です。

 

引っ越しが安い時期というのは基本的には人気の無い時期です。

 

業者への引っ越し依頼が少ない時というのは料金が安くなり、4月などの新生活が始まるタイミングの前などは引っ越しの依頼が多いので料金が高くなります。

 

 

安い時期を狙うとなると1年の中で3月や4月などの繁忙期を除いたときになります。

 

ただ転勤の多い9月の前後も引っ越し料金が高くなりますので注意をしましょう。

 

特に安くなるのは繁忙期を過ぎた4月後半から6月まで、そして年始の時期です。

 

 

月初と月末はどっち?

当然のことながら引っ越しは月末が多くなりますので料金が高くなる傾向があります。

 

家賃を払う関係で月末に引っ越したい人が多いのです。
せっかく一ヶ月分の家賃を払ったのだから最後まで住みたいし、新しい家の家賃を払うなら月の最初からそちらに住んだ方が得だ、と考える人がたくさんいます。

 

この傾向を踏まえると月の頭や中旬は人気が無いので料金が安くなります。

 

 

何曜日が安い?

週の中では仕事の休みを取る必要の無い週末や祝日の引っ越しが多くなるので料金は割高になったり、見積もりの際にあまり値下げをしてくれなかったりします。

 

しかし平日などは人気が無いので値段が下がりやすくなっています。

 

仕事の有給休暇などを使って平日の特に人気の無い火曜日や水曜日などにすると料金を安くすることが出来ます。

 

週末と比べると数千円ほど料金を下げることが出来るのです。

 

 

六曜は関係あるの?

よくあるのは縁起の良い日は引っ越しの依頼が多くなると言うことです。

 

せっかくの新しい門出なので縁起の良い日に引っ越しをしようという人が多いのです。
この傾向を踏まえて大安の日を避けて仏滅の日を選ぶと、引っ越し業者の仕事が少ないので思わぬ値引きを見込めるかも知れません。

 

 

まとめ

引っ越しが安い時期というのはオフシーズンで月の頭か中旬、そして週中がベストでした。

 

さらに縁起が悪いとされている日を選ぶなら最安値を引き出すことが出来るかも知れません。
オンシーズンに比べて数万円以上も安くなることもありますので、安い時期を慎重に選んで上手に節約しながら引っ越しをしましょう。

 

ただ、上記の内容は全て安くなる時期の傾向というだけで、一番早いのは依頼する業者に暇な時期を聞いて、その日に合わせることがもっとも安く引っ越すコツです。

関連ページ

不要品の処分方法一覧
引越しが決まったらまず第一にやる事が不要品を処分する事です。その処分方法にはどのようなやり方があるのか、費用はいくらかかるのかを記載しています。必要のなり荷物を運ばない事が引越し料金を安くするためのもっとも大事なポイントになります。
自宅見積もりと交渉ポイント
引越し初心者だと敬遠したくなる自宅見積もり。しかし、慣れている方の場合だと積極的にやっています。その理由はどうして?引越し料金が安くなるから、またトラブルを防ぐため。自宅見積もりの重要性と見積もり時の交渉方法を簡単に説明しています。
宅急便
宅急便を使って引っ越し荷物を送る場合、荷物量やサイズによってはお得になるケースもありますし、逆に高く付いてしまうケースもあります。どんな荷物には、どういったプランの組み合わせがお得になるのか詳しく説明して行きます。